制限食の宅配は腎臓病患者の切り札です!

月曜日 , 20, 11月 2017 制限食の宅配は腎臓病患者の切り札です! はコメントを受け付けていません。

お菓子には小豆や牛乳・卵が使われているため、エネルギー補うためとは言え口にし過ぎれば、基準値を超えたたんぱく質を摂取する事になります。例としては、ショートケーキ単品であっても卵1個と同量くらいのたんぱく質が含まれます。腎臓病を患うと糸球体が蝕まれるため正常な血流が行われず、水分やナトリウムが体内に溜まりやすい状態になります。加えて尿となり放出されるはずの老廃物まで、増加する事態になります。こうした結果血液の内部に窒素が増加し、尿毒症の原因となったり、ナトリウムの数値が通常より増して高血圧を起こす危険性が高まります。そのため食事療法では、適正な塩分・水分・蛋白質・エネルギー量を摂り続ける必要があります。浮腫が酷かったり尿の量が少なすぎる場合、塩分と水分の制限を設ける必要性が出てきます。この際の制限の定義としては、飲み水の他、食品内に入っている全ての水分と捉えます。浮腫具合が軽かったりそれ自体が無いのなら塩分の制限のみ行う事となります。水分量の制限については病状や尿量を踏まえて医師が決めます。脱水状態に陥ると腎臓機能はどんどん低下していきますのできちんと医師の診察の元制限を施すようにしましょう。人体におけるいわゆる3大栄養素が糖質・たんぱく質・脂質になります。糖質や脂質は体の中で燃焼すると水と二酸化炭素になり、腎臓や肺から排泄されやすいのですが、たんぱく質に関しては分解する事で7~8割は窒素を伴った老廃物に変わるため、排泄の際に腎臓に負荷が及びます。なので、意図的にたんぱく質の摂取量を抑える必要性があります。体を維持するための最小限のたんぱく質は体重1kg当たり0.6g/日求められ、一日分で現すと30~40g程になります。日々の食事で得たたんぱく質は、体内で代謝され、不要なものは老廃物となり血液中にたまります。血液は腎臓に流れて分離された末、要らない老廃物は尿となって体外に排出されます。過度にたんぱく質を摂取すれば、老廃物はそれだけ増えますので、腎臓への負担が増えてしまいます。正常な腎機能であるために、日頃からたんぱく質の摂取量には目を配る必要があります。ですが、たんぱく質は人体にとって必要不可欠な栄養源なので、適量は摂り入れるようにしましょう。クレアチニンは筋肉中の物質からできる老廃物で、腎臓に届いて分離が行われた末に尿と合わせて体外へ除去される成分です。クレアチニンの量は、筋肉や運動量で変わってきます。そのため、一般に女性より男性のほうが高値に出ます。筋肉量が落ちてくると、クレアチニン量もその分落ちていきます。この他に、女性の場合妊娠時に、尿から排出するクレアチニンの度量が多くなるため、本来の値よりクレアチニン量が低下します。腎臓病を患う方にお勧めしたい、たんぱく質の控えめな調整食が存在します。このような商品を的確に用いる事が無理のない食事管理に繋がります。腎臓機能が悪化すれば、より厳しく食事を管理する必要があります。また、糖尿病の患者さんは血糖管理のため、エネルギー制限も追加されるのです。自己の判断で適当に献立を決めずに、専門の知識を有する栄養士や医師の指導の元メニューを決めるようにしましょう。水に溶けやすい性質を持つカリウムで野菜・芋類を献立に入れる場合、小さめのサイズに切って水さらしもしくは茹でこぼしを終えてから調理に進みましょう。茹でる事によって取り除けるカリウムの分量は、個々の食品や調理を行う際の処理時間や形状・水量により違いが出ます。ベースとしてはほうれん草などの緑黄色野菜の場合45%、いんげんなどの豆類で30%程カットできます。小さく切る、茹でたらしっかり水を切る、加えて搾る作業を行う事で、カリウムは減らしていけます。腎臓病の食事療法がうまくいくと、体内に邪魔な老廃物や毒素がたまらなくなります。老廃物がたまらなければ尿毒症を防ぎ、腎臓病の悪化のペースを遅くできます。だいぶ効果が出た場合には、腎臓病の進行は既に止まったのではないかと思うレベルで遅らせられるケースもあったりします。食事療法は自分には厳しいのではないかと考える方がいますが、決してそのような事はありません。食事療法については、患者が自ら積極性を持って実行できる一番の治療行為です。腎臓病における食事療法の意味合いは、腎臓病を極力進行させない事と、現在の健康状態のキープです。透析実行前のいわゆる保存期の方ならば、食事療法を元に腎不全への進行を遅らせることができ、透析を始める時期を遅くしていけます。実際に透析が必要となってからも、体調を保ちながら安定して透析を続けていくために、食事療法は重要視されます。おすすめサイト⇒