嚥下障害に罹ると肺の内部にダメージが出る

日曜日 , 4, 2月 2018 嚥下障害に罹ると肺の内部にダメージが出る はコメントを受け付けていません。

嚥下障害に罹ると肺の内部にダメージが出るので正常な血流が行われず、水分やナトリウムが体内に溜まりやすい状態になります。重ねて尿と一緒に除外されるような老廃物まで、体内で増加しはじめます。結果として、血液中の窒素量が多くなり、尿毒症の原因となったり、ナトリウムの数値が通常より増して高血圧(ずっと一定なものではなく、一日のうちでも変動しています)を起こす危険性が高まります。ですから適正な介護食療法を行ない、水分・食材の硬さ・蛋白質・エネルギーについて一定値摂り続ける必要があるんです。嚥下障害と格闘する方に有用な、たんぱく質を抑えられる介護食品が販売されています。こう言った食品を適切に摂り入れる事で、そのままでは難しい介護食制限が行ないやすくなります。腎臓の機能が落ちていく程、今よりも力を入れて介護食を調整する必要が出てきます。また、糖尿病の患者さんは血糖管理のため、エネルギー制限も追加されるのです。自分で勝手に介護食内容を決めずに、きちんとした知識をもつ医師や栄養士を頼るように心掛けましょう。嚥下障害における介護食療法の意味合いは、なるべく嚥下障害を悪化させない事と、健康体のキープとされます。透析実行前のいわゆる保存期の方ならば、介護食療法を基に腎不全の進行をスローペースにし、結果として透析の導入時期を遅らせられます。加えて、透析をはじめても、なるべく体調を崩さずに透析に望むために、介護食療法は必須なのです。カリウムは水溶性の成分であるため野菜・芋類を含んだ介護食をつくる場合、細かく切り分けて茹でこぼし或いは水さらしを済ませてから調理をはじめましょう。茹でる事によって取り除けるカリウムの分量は、食材の品目や調理時の水量・形状・処理時間次第で変動します。ベースとしてはほうれん草などの緑黄色野菜の場合45%、いんげんなどの豆類で30%程カットできるでしょう。小さめのサイズに切る、茹でた後はしっかり水を切る、きちんと搾る事で効果は高まります。クレアチニンについては筋肉中にある物質を介して生じる老廃物であって、腎臓に達してろ過された後尿と合わせて体外へ排出されます。クレアチニンの量は、筋肉や運動量と密接に関わってきます。そのため、一般に女性より男性のほうが高値に出ます。筋肉の量が減れば、当然クレアチニンの数値も下がります。加えて、妊娠状態にある際は、尿と合わせて排出するクレアチニン量が飛躍するので、普段よりクレアチニンの値は減少します。嚥下障害の介護食療法が上手にいくと、毒素(一定の量を超えると害になる物質も少なくありません)や老廃物が排出されやすい体となっていきます。老廃物がたまらなければ尿毒症を防ぎ、嚥下障害の悪化のペースを遅くできるでしょう。優れた効き目が出た際には、嚥下障害の進行は既に止まったのではないかと思うレベルで遅らせる事が可能なのです。介護食療法は難しいと思われがちですが、決して制限の内容が難しいと言う事ではありません。介護食療法は、患者自身が自ら積極的に実行できる一番の治療行為です。嚥下障害が凄かったり尿があまり出ない時は、食材の硬さと水分の制限を設ける必要性が出てきます。こうした際の制限は、飲料水に限らず、食品内に入っているすべての水分と捉えます。嚥下障害がなかったり軽い場合は食材の硬さの制限のみで済みます。こうした際の水分量の制限は病気の進行状況や尿量等総合的に踏まえて医師が適切な数値を出します。脱水になるとかえって腎臓の機能低下につながるので独断で制限をおこなう事は危険です。介護食で摂取し立たんぱく質は、体を動かすためのエネルギーへと変化しますが、幾らかは老廃物になり血液中に留まります。血液は腎臓中で分解されて、残った老廃物は尿といっしょに体外へ出されます。たんぱく質を余分に摂れば、それだけ不要な老廃物が増えるので、腎臓に及ぼす負荷が飛躍します。腎機能を正常に保つために、たんぱく質の摂取量には気を配る必要があるんです。とは言っても、たんぱく質は健康な肉体を維持する上で不可欠な栄養素であるため、一定値は摂取しないといけません。お肉・お魚・たまご・豆腐については一度に多量のたんぱく質を摂取してしまいますし、食べ過ぎてしまう食品でもありますから注意が必要です。甘いものと言えど思った以上に多量のたんぱく質が入っています。おやつには小豆や牛乳・卵が使われているため、エネルギーを摂取しようとして食べ過ぎると、たんぱく質の過剰摂取になります。例としては、ショートケーキ単品であっても卵1個分と同程度のたんぱく質が内包されています。人間の体にとって重要な3大栄養素に糖質・たんぱく質・脂質があるんです。体内で燃焼し尽くせば糖質とたんぱく質は水と二酸化炭素へと移り変わるので、腎臓や肺にいつまでも残留する事はありませんが、たんぱく質に限っては分解されても7~8割程度窒素を含んだ不要な老廃物になってしまうため、排泄時に腎臓に負担がかかります。ですので、日頃から摂取するたんぱく質の量をセーブするようにして下さい。健康体であるための最低限のたんぱく質摂取量は体重1kg当たり0.6g/日求められ、一日分に変換した場合30~40gとなります。
購入はこちら>>>>>介護食宅配