腎臓病の治療は通院と自宅での食生活を変えていくことです

木曜日 , 23, 11月 2017 腎臓病の治療は通院と自宅での食生活を変えていくことです はコメントを受け付けていません。

浮腫が際立っていたり尿量が明らかに少ない場合、塩分と水分の制限を設ける必要性が出てきます。この場合 飲み水だけではなく、食品中に含まれる全ての水分が該当します。浮腫がなかったり軽い場合は塩分の制限のみで済みます。制限を設ける水分の量に関しては病気の進行具合や尿量を踏まえて医師が決めます。脱水になるとかえって腎臓の機能低下に繋がるので独断で制限を行う事は危険です。日々の食事で得たたんぱく質は、新陳代謝によりエネルギーに変わりますか、少なからず老廃物が形成され血液中に残ります。血液は腎臓に運ばれて濾過された後に、残った老廃物は尿と共に体外へ出されます。過度にたんぱく質を摂取すれば、老廃物はそれだけ増えますので、腎臓に与える負荷が増してしまいます。腎機能を正常に保つために、たんぱく質の摂取量には気を配る必要があります。とは言え、たんぱく質は人間の体にとって大切な栄養素であるため、適量は摂り入れるようにしましょう。腎臓病に悩まされる方に向けて、低たんぱく質で済む特定な食品が製造されています。このような商品を的確に用いる事が無理のない食事管理に繋がります。腎臓機能が悪化すれば、より厳しく食事を徹底しないとなりません。その他に、糖尿病を患う方なら血糖値をキープする観点から、エネルギー制限も求められます。食事内容は自己流で判断せずに、きちんとした知識を持つ医師や栄養士を頼るように心掛けましょう。人体におけるいわゆる3大栄養素が糖質・たんぱく質・脂質になります。糖質と脂質は体内で燃焼されることで水と二酸化炭素に転じるため、腎臓や肺に蓄積しにくいのですが、たんぱく質の場合分離されれば7~8割程度窒素を含んだ不要な老廃物になってしまうため、排泄時に少なからず腎臓に負担が出ます。なので、意図的にたんぱく質の摂取量を抑える必要性があります。体内機能を存続するためのたんぱく質の最低摂取量は体重1kg換算0.6g/日であり、一日分に変換した場合30~40gとなります。徹底した食事療法を手掛ければ腎臓病に罹っていても、体内に老廃物や毒素は蓄積されていきません。老廃物が蓄積されなくなば尿毒症を予防し、腎臓病の悪化のペースを遅くできます。だいぶ効果が出た場合には、腎臓病の進行は既に止まったのではないかと思うレベルで遅らせられるケースもあったりします。食事療法は難しいと思われがちですが、決して制限の内容が難しいと言う事ではありません。食事療法に関しては、患者が自ら自発的に手掛けられる最善の治療方法です。お肉・お魚・たまご・豆腐については一度に多量のたんぱく質を摂取してしまいますし、ついつい食べ過ぎてしまう食品でもあるので気をつけるようにしましょう。甘いものと言えど思った以上にたんぱく質が多く入っているのです。お菓子は小豆や牛乳・卵を活用して作られているので、エネルギーを摂取しようとして食べ過ぎると、余分なたんぱく質を摂取する事となります。例を挙げますと、ドーナツ1つ当たりには卵1個と同量くらいのたんぱく質が入っています。カリウムは水溶性の成分であるため野菜・芋類を含んだ食事を作る場合、細かく切り分けて茹でこぼし又は水さらしを施してから調理を行いましょう。茹でる事で無くせるカリウムの値は、その種類や調理するときの水量・形状・処理時間次第で変動します。一般的にはほうれん草等の葉物野菜だと45%、いんげん等の未熟豆類で30%近く除外可能です。細かくカットする、茹でこぼしを怠らない、きっちり搾る等手を加えれば、その分効力は発揮されます。クレアチニンについては筋肉中にある物質を介して生じる老廃物であって、腎臓に届いて分離が行われた末に尿と合わせて体外へ排出されます。クレアチニンの量は、統合的な筋肉や運動量に関わります。ですから、比較的に女性よりも男性の方が高めの値が出るのです。筋肉の量が低下すれば、当然クレアチニンの数値も下がります。加えて、妊娠状態にある際は、尿と合わせて排出するクレアチニンの度量が多くなるため、本来の値よりクレアチニン量が低下します。あわせて読むとおすすめ>>>>>腎臓病食事宅配